マジュロ
トップ > マジュロ情報
パラオ
フィリピン
ロタ
ヤップ
チューク

ミクロネシアブルーの透明度…マジュロ

ダイビング情報

マジュロでのダイビングは、日本人ダイバーの間で人気が急上昇している注目のスポット。海中は、サンゴの原生林というべき世界でも類を見ない素晴らしい珊瑚礁が広がり、ミクロネシア・ブルーと呼ぶにふさわしい抜群の透明度を誇っている。

ダイビングスタイル

マジュロからのデイトリップが主流。外洋でのダイナミックなドリフトダイビング、魚影の濃いパス(水路)でのダイビング、じっくりフィッシュ・ウォッチングを楽しめるラグーンなど環礁という海の特徴を活かしたダイビングスポットが多数あるので、ベテランからビギナーまで十分に満足できる。 餌付けは禁止。サンゴも「触らない、けらない、壊さない」よう、グローブの着用、カレントフックなどの自粛や、砂の巻上げによるサンゴへの悪影響のない泳ぎを心がけましょう。
◇ラグーン内ダイブサイト:アンカーリングスタイル
◇外洋・チャネルダイブサイト:ドリフトスタイル
◇アルノ環礁:ドリフト&アンカーリングスタイル

ガイディングスタイル

日本人経営のサービスで日本人ガイドがいるので安心できる。

水温

27~29℃。年間を通して大きな差はなく、暖かい。 ウェットスーツの目安は3ミリのフルスーツ。体の保護という観点からもフルスーツのほうがおすすめ。突然のスコールやダイビング後のボート移動時は肌寒く感じることがあるので、ボートコートがあるとよい。

透明度

平均20メートル以上。

シーズン

年間通して気温、水温ともに変化はほどんどないため、年中ベストシーズンと言える。5~10月は貿易風が弱くなり、遠くの環礁へ高確率で遠征できる。12~4月は貿易風は強くなるが、風が吹くことにより透明度が高くなる。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温 27℃
季節 雨季 乾季 雨季
水温 27~29℃
スーツ 3ミリ
 生物 サンゴ群生、ギンガメアジ、イソマグロ、バラクーダ、メジロザメ、マダラトビエイ 

主なダイビングスポット

■アクアリューム
マジュロを代表する大物・群れポイント。別名「マーシャルのブルーコーナー」。マジュロ環礁唯一のチャネルの一部にあるポイントで、潮通しが良いのでたくさんの魚が見られる。グレイリーフシャーク、マダラトビエイ、イソマグロ、ブラックフィンバラクーダの群れ、ギンガメアジの群れなどは外れなく見られる!

■カロリンアウトサイド
なんと言っても美しいサンゴ。着底できないほど辺り一面に広がるテーブルサンゴ、水中から見上げた水面に映る全面のサンゴの世界。ミクロネシアの固有種も数多く観察できる。 貿易風の影響を受ける冬場は潜れないことが多い。

■アルノ環礁
アルノ環礁はマジュロ環礁の東約20キロに位置し、ダイビングボートで約40~70分前後。マジュロ環礁とは違ったカラフルなサンゴが多く、人気マクロ種も比較的浅場で見られる。世界を回ったダイバーでも納得する事間違いなしのポイントには珊瑚、魚共に楽しめ、リアル「竜宮城」を体験できる。ボートでの移動中は高確率でイルカ達にも出逢える。

滞在スタイル

■ホテルロバートレイマーズ
街の中心にある便利なホテルで、ダイビングサービスやマリーナも同じ敷地内にある。部屋のカテゴリーもエコノミーからスイートまで 4種類あり、予算に応じた選択が可能。一番人気はバンガロータイプの部屋で、リゾートムード満点。全室、クーラー・シャワー・テレビ・ 冷蔵庫・電話完備。

■マーシャルアイランドリゾート
大型リゾートホテル。全150室のどの部屋からもラグーンが一望できるオーシャンビュー。場所はデラップ地区にあるので タクシーを使えば不便はない。全室、クーラー・シャワー・テレビ・冷蔵庫・電話完備。

観光スポット、アフターダイブ

ローラビーチ(入場料:大人$1 こども¢50)
マジュロの最西端ローラ村にあるビーチ。穏やかで浅瀬が続くこのビーチは子どもでも安心。バーベキュー設備、簡易シャワーあり。ダウンタウンから車で約1時間半の所にあり、昔ながらの生活スタイルが残るこの村はフラっと散歩してみるのも面白いかも。

タボラー・コプラ工場(要事前予約)
マーシャルの主要産業、ココナッツの工場。ミクロネシア各地から集められたココナッツから飼料やココナッツオイルを製造する過程を見学することができ、製品を格安で購入することができる。


マーシャル諸島の手工芸品は品質が高く評価されている。ヤシの葉とパンダナスの葉の2種類を使い、編みこんで非常に繊細にバスケットやカゴを作る。 マーシャル語で、ハンディクラフトのことを“アミモノ”と呼び、日本語から由来している。特徴のあるものはスティックチャートと呼ばれる棒を組み合わせたもので、昔はこれを使って波の特徴などを伝えて航海に役立てた。ほかにアウトリガー・カヌーのモデルやキリバックなどに人気がある。

マジュロ基本情報

正式名称 マーシャル諸島 共和国
時差 日本より3時間早い。(例)日本が9時の時、マジュロは12時です。
言語 英語、マーシャル語
通貨 USドル
ビザ パスポートの残存有効期間は、入国日から+6ヵ月以上。日本国籍保有者は、滞在期間が30日を超えない限りビザは不要。
電圧 110~120ボルト。日本の製品も使用できるが、精密機器は変圧器の使用をおすすめする。
気候 年間平均気温は27℃。 マジュロは北緯7度と赤道に近いので日中の日差しは強いが、海からの貿易風で朝夕は涼しく過ごし易い。 雨は日中より夜間に降る方が多い。しかし降雨量は少なく、一番よく降る10月から11月が月平均300ミリ程度、1月から3月は200ミリに満たない。 また7月~10月は比較的風が弱くなり海が凪ぐ。
チップ チップはオプショナルなので、義務ではない。ただホテルのベッドメイキングには、1ドルくらい置いていく観光客が多い。タクシーなどはチップ不要。
両替 現地に両替所はないので出発前か経由地で米ドルに両替しておいたようがよい。 クレジットカードは大きなホテル、ツアー会社、スーパーマーケットで使えるが、レストランでは使えないところも多い。クレジットカードはVISA/Masterが主流で、他のカードは事前に確認する必要がある。

ツアー検索

出発地でお選びください

ダイビングサービス

ホテル・リゾート

PAGE TOP