フィリピン
トップ > フィリピン情報
パラオ
フィリピン
ロタ
ヤップ
チューク

マクロ~魚群 そして「ジンベイ」と全てを兼ね備えた海

ダイビング情報

日本から空路で約4時間、フィリピンは大小合わせて7107もの島から構成されています。それだけにフィリピンにはダイビングスポットもバリエーションが豊富。水質の美しさと魚影の濃さはもちろん、フィリピンの海には遺跡や沈船も眠っており、バラエティー豊かなダイビングが楽しめます。

セブ・マクタン

エメラルドグリーンの美しい海に囲まれたセブ島にはマクタン、オランゴ、ナルスアン、ヒルトゥガと有名ポイントがたくさん。どのポイントまでもボートで10~30分とアクセスも抜群。 ハマクマノミの群生やツバメウオの群れ、サンゴの間に眠るウミガメやギンガメアジのトルネード… 運が良ければ年に数回出没するとされるジンベイザメやマンタに出逢えるかも! 全てお任せの”殿様&お姫様ダイビング”はセブの名物。
アフターダイビングはショッピングやグルメが楽しめます。

モアルボアル

モアルボアルは古くからヨーロピアンご愛用の、のどかなリゾートスポット。国際色豊かで異国情緒溢れるセブの奥座敷と言えるでしょう。
スポットはドロップオフが多く、壁沿いを流すドリフトスタイルですが、基本的に穏やかな海。魚影が濃くダイバーが少ないため元気いっぱいのサンゴ礁、時にはジンベエザメが出るなど知られざる魅力がいっぱいです。

ボホール

ボホールからボートで30分で到着するバリカサグ島は、フィリピン屈指の人気ダイビングスポット。 リーフエッジまでの海底はエダサンゴやテーブルサンゴにびっしり覆われていてトロピカル。抜群の透明度の中、高確率でギンガメアジやバラクーダの群れに遭遇することができます。

ドゥマゲッティ

ドゥマゲッティといえばアポ島。アポ島はこのセブエリアのダイビングサイトでも人気上位に入るダイビングポイントです。国定公園に指定され、サンゴの素晴らしさは世界随一ともいわれています。大物から小物まで楽しくダイビングが出来ます。 そして最近話題のジンベエダイビングもドゥマゲッティからはとても便利なアクセスとなっています。またドゥマゲッティ市内は学生の町として治安が良いことで知られています。ダイビングはもちろんですが、おいしいレストランもたくさんある、ドゥマゲッティへ是非!

リロアン

南北に細長いセブ島の最南端に位置するサンタンダーという村にあるリロアン。”渦ができる場所”という意味を持つリロアンはその名の通り、四方から海流が流れ込む豊かな海。マクロ派にはうれしいベラ、ゼブラバットフィッシュ、スズメダイ、ブルーバードリボンゴビーなど数多くの生物が見られる。近くにはオスロブがあるのでワイドも楽しめるエリアです。

アニラオ

アニラオはマニラから陸路2時間で到着するイージーアクセスが魅力の海。休暇を長く取れないダイバーにとって、アクセスのいい海はそれだけで天国ですよね。また自然の豊かさもアニラオの魅力。美しいサンゴ、カラフルなトロピカルフィッシュ、大型回遊魚、レアなマクロがいっぱい!・・・というフィリピンの魅力がすべて備わっています。

プエルトガレラ

マニラから車で2時間半ほど走り、ボートで約1時間ほどの場所にありるダイビングリゾートです。美しいホワイトサンドビーチとして知られているプエルトガレラはマニラから気軽に行けるリゾート地としてにぎわっています。有名な観光スポットであるサバンビーチ沿いにはレストランやバー、ダイビングサービスが数多く点在しています。

マラパスクア

セブ島北部から船で約30分。小さな島の周りには20か所以上ものダイビングスポットがあり、ダイビングスタイルはほぼ100%ボートダイビングです。船はバンカーボートを使用する。日本ではまた知名度は低いが、世界ではニタリ(オナガザメの仲間)が通年見られることで有名です。ニタリは基本早朝ダイビングで狙います。

シーズン

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温 26~27℃ 28℃ 29℃ 28℃ 27℃
季節 乾季 雨季
水温 25~27℃ 27~30℃ 25~27℃
スーツ 3~5mm 5mm 3mm
生物   カビラオでジンベエザメ   マクタンでジンベエザメ
バリカサグでギンガメアジの群れ
モアルボアルでハンマーヘッド   モアルボアルでマンタ  

主なダイビングスポット

■マクタン周辺
美しいさんご礁とカラフルな小型魚も多く、カメラ派に人気。ドロップオフやケーブといった地形も面白い。ジンベエザメがよく出没する。

■バリカサグ
一周歩いて10分とかからない小島の周りのスポット「フィッシュサンクチュアリ」はドロップオフにギンガメアジの大群がほぼ100パーセントの確率で現れる。
「ブラックフォレスト」はリーフエッジにナポレオンがついていて、バラクーダやハタタテダイの群れも見られる。

■リロアン
各リゾート前のハウスリーフには砂地が広がり、ニチリンダテハゼ、ゴールドスペックジョーフィッシュなどマクロ天国。「イラク」はリピーターも虜にするニシキフウライウオの仲間やハナヒゲウツボ3色、ハナオコゼなどマニアックなマクロ生物が多い。

■アポ島
ドゥマゲッティからは一番人気のアポ島!
そして話題のジンベエポイントへもアクセス抜群。
アポ島は世界屈指のダイビングポイントとして有名。
世界中のダイバーが集まるドゥマゲッティは学園都市としても有名で、おしゃれなレストランもたくさんありアフターダイビングも楽しく過ごすことができる。

■アニラオ
アニラオのあるカルンパン半島沿いの穏やかなポイントや、潮通しのいいマリカバン島やベルデ島にポイントが点在している。「ソンブレロ」は癒しのポイントで透明度はアニラオトップクラス!ブルーの海に乱舞するオレンジ色のハナダイが花弁のように美しい。

■マラパスクア
「モナドショール」は年間を通してニタリが見られる珍しいポイント。
「バグトン・バトー」は20mほどまで落ち込むショートドロップオフ沿いにソフトコーラルやヤギが生い茂り、じっくり探せばピグミーシーホースの姿も。エビ、カニも多い。
ガトー島周辺は潮通しが良いため岩礁を覆うソフトコーラルが見事。ウミウシ、テンジクダイ、チョウチョウウオなどマクロ生物もいっぱい。

フィリピン基本情報

正式名称 フィリピン共和国
時差 日本より1時間遅い。(例)日本が10時の時、フィリピンは9時です。
言語 フィリピン語(タガログ語)英語ほか80前後の言語がある
通貨 フィリピン・ペソ 
ビザ パスポートの残存有効期間は、入国日から+6ヵ月以上。日本国籍保有者は、滞在期間が21日を超えない限りビザは不要。
電圧 120/230/240V、60Hz。日本の電気製品を使うためには変換プラグと変圧器が必要(セブ島は110/220V、60Hz)。
気候 一年中、気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候。乾期・暑期・雨期の3つに分けられ、地方によってその差が大きい。 例えばマニラ周辺では6月から11月の雨季がはっきりしているが、セブ周辺ではこの雨季というのものほとんどない。 全体的には乾季にあたる12月から2月が暑すぎず、日本人には過ごしやすい季節。服装は日本の夏の服装で良い。
チップ 空港やホテルのポーターには荷物1個につきP10~20、レストランで伝票にサービス料が含まれていない場合は請求額の10%程度が基本。
両替 両替はホテル、市内の銀行、両替所、空港内の銀行で、USドルまたは日本円からフィリピン・ペソへの両替が可能。銀行では日本円の両替を受け付けないことも多い。両替の際もらうレシートは、再両替の際提示を求められることがあるので保管しておくこと。さらに地方に行くときは、マニラやセブなどで日本円からペソへの両替を済ませておいたほうが無難。T/C(特に日本円)の両替は難しい。

大きな地図で見る

ツアー検索

ダイビングサービス



 

ホテル・リゾート

 

クルーズ

PAGE TOP