JEEP ISLAND ミクロネシア諸島 ジープ島

イルカと遊べる不思議の島

ジープ島は、ミクロネシア連邦チューク州の中で一番大きな面積を誇るトラック環礁の中にあります。トラック環礁は別名「太平洋の湖」と呼ばれています。 ジープ島は不思議の島です。天空が360度広がり、昼夜を問わず大自然のパノラマを展開します。水中ではミナミハンドウイルカと遊び、サンゴの林を散歩し、熱帯魚達の出迎えを受けます。そして、自然の真ん中で解き放たれ、きっとあなた自身が自然に戻ることができるでしょう。 ジープ島にある建物は、現地の人の手作りです。屋根はヤシの葉や竹などを利用しており、雨漏りしないよう、上手に編み上げてあります。

ACTIVITIES & SPOTSおすすめアクティビティ&観光スポット

  • ドルフィンスイム

    青く美しい珊瑚礁の海で野生イルカと泳ぐ。そんな夢のようなドルフィンスイム($90~)ができるのがジープ島です。その他にも、自由に海を楽しめるファンダイビング(1ボートダイブ$90~/2ボートダイブ$130~/3ボートダイブ$160~)や、キミシマ環礁(2エリア$165~2名様より催行)やアイランドホッピング($100~)などお手軽なシュノーケリングツアーも充実。器材レンタルもございます。

  • ジープアイランドコテージ

    360度の大自然のパノラマを堪能することができるジープ島に宿泊できる人数は8名(最大13名)。オフシーズンでは、ゲスト数人で島を独占!プライベート感いっぱいです。日本人 & 現地スタッフがしっかりケアしてくれるアットホームな雰囲気なので、人気急上昇中です。 ジープ島には蚊がいませんので、星を眺めながら外で寝る事も可能です。

  • 大自然の中でバーベキュー

    ジープ島では飲食物の販売は一切していないため、飲食物はご自由にお持ち込みください。飲料水やアルコール、煙草等は、グアム空港またはブルー・ラグーン・リゾートでも購入可能です。ジープ島では、朝食(目玉焼き、肉野菜炒め、パン等)、昼食(チャーハン、スパゲッティ、おにぎり等)、夕食(滞在中一日は必ずバーベキュー、その他カレーライス、ハンバーグ、ローストチキン、ロールキャベツ等)、コーヒー、ソフトドリンク(炭酸)をご用意しています。

  • 大自然のパノラマ

    天空が360度広がり、昼夜を問わず大自然のパノラマを展開します。 日中は半袖・短パン・ワンピースなどで過せます。ただし日差しが強いので、日焼けが気になる方は薄手の長袖・長ズボン・ロングスカートなどをご用意下さい。島は360度海に囲まれていますから、夜は風が強い事が多く、思った以上に冷えますので、防寒具は是非お持ち下さい。 (現地の人々にとってビキニ=下着姿のため、島で過ごす際には水着の上にTシャツや短パン、パレオなどを身につけましょう。)

  • 美しい珊瑚礁の海と砂浜

    トラック環礁ではごみの分別がなく全て焼却処理です。できる限りごみをお持ち帰り頂きますよう、お願いいたします。 島で利用する水は全て雨水に頼っています。貯水タンクに雨水を貯めて、食事・飲料・シャワー等に使用します。雨水が不安な方は、グアム空港又はブルー・ラグーン・リゾート内の売店でミネラルウオーターをご用意下さい。ボディソープ、シャンプー、リンスなどの石鹸類は、使用後そのまま海へ流れる為、できるだけ自然に配慮した無添加のものをご用意ください。

ABOUT基本情報

正式名称 ミクロネシア連邦 チューク州 ジープ島
首都 パリキール
時差 日本より1時間早い。
言語 公用語は英語
通貨 USドル
ビザ パスポートの残存有効期間は、入国日から+4ヵ月以上。日本国籍保有者は、滞在期間が30日を超えない限りビザは不要。
電圧 島内にある自家発電機にて電気を起こします。18時から点灯し、寝る時に消灯します。 100ボルト/プラグ形式は日本と同じです。デジカメ・ライト等の充電は、18時から充電可能ですがただし寝るまでの時間しか充電できませんので、ビデオライトなどで充電に時間がかかる場合は、ご注意ください。
気候 日中は半袖・短パン・ワンピースなどで過せます。ただし日差しが強いので、日焼けが気になる方は薄手の長袖・長ズボン・ロングスカートなどをご用意下さい。 夜は風が強い事が多く、思った以上に冷えますので、防寒具は是非お持ち下さい。 島は360度海に囲まれていますから、常に風があると思ってください。
チップ アメリカの影響でサービスに対するチップが習慣化しております。 ジープ島現地人スタッフへは1日$4、ダイビングスタッフへは1日$4がめやすとなります。
両替 日本で両替をして行くのがよい。 クレジットカードは使えないで米ドルの現金かトラベラーズチェックを持参ください。